こだわりの逸品発掘サイト 美味いっしょ北海道

美味いっしょ北海道とは?

HOME名産品を探す地域から探すレシピ

旭川市

旭川焼鳥 新子焼き

昭和25年創業の焼鳥専門店が作る本格的な新子焼き(若鶏の半身焼き)!

タレ付きでお届けします


商品パッケージ

「新子焼き」とは、古くから旭川で親しまれてきた若鶏の手羽も含む半身を焼いたもので、旭川では古くから市民に親しまれてきた庶民のごちそうです。この商品は伊達産の生の若鶏(生後6週のもの)を、炭火でじっくり一つずつ手焼きしたものを真空冷凍パックにすることで、ご家庭でも簡単に本格的な味を楽しめるようにしたものです。昭和25年の創業以来継ぎ足してきた秘伝のタレが付いていますので、ご家庭の塩で味付けして塩味で食べることも、そのまま他のお料理に使うことも出来ます。
生のお肉を炭火で丁寧に手焼きしているので、柔らかな肉質が堪能出来ます。

  • 生産地

    旭川市

  • 参考小売価格

    店頭価格 1500円(税込)地方発送は別途料金必要

  • 内容量

    400g

  • 原材料

    道産原料:伊達産骨付き若鶏 その他原料:醤油・砂糖・清酒

  • 賞味期限・保存方法

    270日/冷凍

  • その他特記事項

    冷凍のまま電子レンジで約10分加熱

  • 主な取扱店

    焼鳥専門ぎんねこ、道の駅あさひかわ

※当サイトで紹介している商品は生産者の都合により変更する場合があります。ご了承ください。

生産者の想い


 新子焼きは戦後に旭川で誕生し、クリスマスや人が集まるときなどに食され、庶民のご馳走として今でも市民に愛され続けている旭川のソウルフードです。新子焼きを提供している店舗が20店舗もあるのは旭川だけなので、旭川焼鳥として発信していきたいと考えています。
 当店は昭和25年創業の焼鳥専門店で、開店以来変わらない店内は昭和の面影が残るなつかしい雰囲気の店です。新子焼きは開店以来の人気メニューです。
 2012年6月に「旭川名物新子焼きの会」が設立され、当店三代目の久保竜弥が会長を務めさせていただいています。この新子焼きを旭川焼鳥として全国に発信していきたいと思い、真空冷凍パックを開発しました。

生産者情報

  • 会社名

    有限会社 焼鳥専門ぎんねこ

  • 住所

    旭川市5条通7丁目右6号 5・7小路ふらりーと

  • TEL

    0166-22-4604

  • URL

    http://www.ginneko.co.jp/


SSL グローバルサインのサイトシール