こだわりの逸品発掘サイト 美味いっしょ北海道

美味いっしょ北海道とは?

HOME名産品を探す地域から探すレシピ

根室市

生干しコマイ

「生干しコマイ」は、根室が発祥の地と言われております。本家本元、根室名産、伝統の味をご堪能下さい!

伝統の「氷下待ち網漁」風景


氷に穴を開け、仕掛けた網を取り込みます

 コマイは「氷下魚」とも表記される厳寒期が旬の魚です。
その名の通り、地元“風蓮湖”では明治時代からの伝統の漁法である、冬に結氷した氷に穴をあけ網を仕掛ける「氷下待ち網漁」で漁獲されております。

 今では冬の味覚として道内では馴染みの深い「生干しコマイ」ですが、そもそもは、根室前浜の漁師がハネ品で売り物にならなかった二束三文のコマイを家庭に持ち帰り、半干しにして焼いて食べたのが元祖と言われております。

 旬で味の乗ったコマイを原料に、約1週間以上も天日干しと屋内で寝かせる作業を繰り返す昔ながらの製法で、忠実に伝統の味を守り続けています。この大変手間の掛かる生干しコマイの味は“鮮度が命”と言われており、獲れたての魚を熟練の技で直ぐ下処理し、絶妙な塩加減で干し上げております。

 コマイの旨味を引き出す絶妙な塩加減が、焼いた香ばしさと相まって堪らぬ味です。

ほろほろとふっくら柔らかな食感です。ぜひ焼きたてをどうぞ。
味付けは塩のみです。天日干しと寝かせを繰り返し、熟成させることにより、生干しコマイ独特の風味となります。

 風蓮湖は汽水湖(海水と淡水が混じりあう水域)で、魚の餌になるプランクトンが豊富です。
また潮の干満により、干潟が現れ、ホッキやアサリなど貝類の生育にも最適で、その豊かな自然の恵みを受けた魚介類は味も最高です。

【食べ方・調理方法】
・焼き方/冷凍状態のまま、焼いてください。解凍するとドリップ(魚の水分)が出て、
 折角のコマイの旨味が抜けてしまいます。出来ればパーシャル状態(溶ける直前の状態)
 で焼くのが火の通りも良く、より香ばしく焼き上がります。
・おつまみ/日本酒や焼酎の肴として、焼きたてをお召し上がり下さい。
 お好みでマヨネーズを添えてどうぞ。
 (一手間加えてマヨネーズに醤油を垂らし、一味唐辛子を振って添えるのも美味。)
・丼/焼きたてを骨を除き皮ごとほぐし身にし、熱々の丼飯にのせお好みで軽く醤油を垂らしてどうぞ。
 豪快にかき込む、香ばしい味の簡単丼物の出来上がりです。(小骨にご注意下さい!)

  • 生産地

    根室市

  • 参考小売価格

    700円

  • 内容量

    500g/箱

  • 原材料

    コマイ

  • 賞味期限・保存方法

    120日/冷凍

  • その他特記事項

  • 主な取扱店

    根室湾中部漁業協同組合直営店「かおっと」

※当サイトで紹介している商品は生産者の都合により変更する場合があります。ご了承ください。

生産者の想い

暗闇に明かりが輝く漁風景


根室湾中部漁業協同組合

 当漁協は北海道最東端の町、根室の玄関とも言える入り口に位置しております。
近くには「風蓮湖」、「温根沼」の大きな汽水湖が2つあり、とても自然が豊かなところです。また、漁場は一部「ラムサール条約」の登録湿地となり、様々な天然海産物の宝庫です。当漁協の製品は、こうした恵まれた環境の中にある食資源を利用して製造致しております。

 こうした鮮度抜群の魚介類や海産加工品を販売しておりますのが、当漁協直営店「かおっと」です。販売以外にも水産・水揚げ情報の案内や、旬の魚介類・担当者のおもしろ情報などをご紹介しております。
国道44号線を釧路方面より根室に向かい、温根沼大橋を渡って直ぐ左側にある、黄色の建物です。根室においでの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

 体験型のイベントとして、毎年「潮干狩り」もシーズン限定で開催しており、全国各地からご来訪頂き大好評となっております。天然の漁場で「アサリ」や「ホッキ」などが獲れ、にわか漁師気分で存分に根室の自然と食を堪能できます。

生産者情報

  • 会社名

    根室湾中部漁業協同組合

  • 住所

    根室市温根沼344−3

  • TEL

    0153−25−3131

  • URL

    http://www.wantyuubu.net


SSL グローバルサインのサイトシール