こだわりの逸品発掘サイト 美味いっしょ北海道

美味いっしょ北海道とは?

HOME名産品を探す地域から探すレシピ

深川市

多度志やまそば

そば粉を5割配合し、1週間ほどの自然乾燥を施した「多度志やまそば」は、更科系の「白さ」と「のどごしの良さ」が魅力です。


 深川市は全国第2位のそばの産地です。その中でも多度志地域のそばは、水はけの良い傾斜地や畑で作付けしているため「やまそば」と呼ばれ、品質、食味が安定していると言われています。

 このそばを使った「多度志やまそば」は、1週間ほどの自然乾燥を行うなど、手間を惜しまず丹精込めて製造しています。

 「多度志やまそば」は、更科系の乾燥5割そばです。
一方、少量生産の「多度志やまそば黒」は、玄そばの製粉過程で出る粉を挽いて使用しているため、甘皮から胚乳までの成分を含んでおり、そばの香りと色の濃さが特徴の田舎風乾燥そばです。

 更科系「多度志やまそば」はのどごしの良さを、田舎風「多度志やまそば黒」はそばの香りをお楽しみください。手間暇惜しまず丹精込めて製造しています。

 原料の「やまそば」は、深川市多度志地域の水はけの良い傾斜地や畑で作付けされています。

【食べ方・調理方法】
@たっぷりのお湯を沸騰させ、「多度志やまそば(多度志やまそば黒)」をパラパラと入れてください。
Aふきこぼれない程度の火加減にして約5〜6分(多度志やまそば黒は6〜7分)ゆでてください。
 (ゆで時間は目安ですのでお好みにより調整してください。)
Bざるにあげて冷水で十分に水洗いした後、水を切り早めにお召し上がりください。

  • 生産地

    深川市

  • 参考小売価格

    多度志やまそば/350円、多度志やまそば黒/350円

  • 内容量

    200g入

  • 原材料

    そば粉(深川市多度志産)、小麦粉、食塩

  • 賞味期限・保存方法

    180日/常温

  • その他特記事項

  • 主な取扱店

    道の駅「ライスランドふかがわ」、JR深川駅物産館、アグリ工房まあぶ

※当サイトで紹介している商品は生産者の都合により変更する場合があります。ご了承ください。

生産者の想い


 北海道深川市は全国第2位のそばの産地です。毎年8月には、満開のそば畑を見ることができます。

 深川市内の地域振興グループから「そばの産地でありながら、土産品として使える地元産のそばがないのはおかしい。」との声を受けて、地元の製粉会社「多度志そば工房」と製麺会社「株式会社丸利佐藤製麺工場」とタイアップして開発し、乾燥「多度志やまそば」が誕生しました。

 「多度志やまそば」は、年間70万人が利用する道の駅「ライスランドふかがわ」等で販売しています。

 深川市はお米の産地でもあり、そばとのコラボで新ご当地グルメ「深川そばめし」を開発し、市内6店舗で提供しています。雪融け間もない5月初旬には「カタクリ」が開花しますので、是非、深川へお越しください。

生産者情報

  • 会社名

    滑ロ利佐藤製麺工場

  • 住所

    北海道深川市6条9番41号

  • TEL

    0164−23−3453

  • URL


SSL グローバルサインのサイトシール