こだわりの逸品発掘サイト 美味いっしょ北海道

美味いっしょ北海道とは?

HOME名産品を探す地域から探すレシピ

江差町

ほっけの焼かまぼこ

 新鮮なほっけをすり身にして、四角い焼き型でひとつひとつ丁寧に1時間かけて焼き上げました。


 「ほっけの焼かまぼこ」は、お正月や人の集まる時によく作られる江差の伝統食でしたが、今では、家庭で作るところが少なくなり、昔から伝わる江差の家庭の味を消してはならないと思い製造をはじめました。

 原料のほっけは、鮮度の良い生魚を使用しており、以下の工程にて製造しております。

1.とれたてのホッケを三枚に下ろし、ぶつ切りにします。
2.臭みを抜くために4〜5時間くらい水にさらした後、水分を拭き取ります。
3.食塩や砂糖、卵、かたくり粉などを混ぜてフードプロセッサーで軽く練ります。
4.さらに、大きなすり鉢で二人がかりで、スリコギで時間をかけてトロトロになるまで練り上げます。
5.これを焼き型に入れ形を整えて、一時間ほどをかけて両面をじっくり“手焼き”にて焼き上げております。

 フワーとした食感でホッケのうま味が口の中いっぱいに広がり、どこか郷愁を感じさせる味です。
つなぎや調味料の使用は最小限なので、ほっけ本来の風味が引き立ちます。

防腐剤などの添加物は使用しておりません。

 江差町は北海道の南西部に位置し、北海道文化発祥の地と言われております。江戸期のニシン漁最盛期には「江差の五月は江戸にもない」といわれる程繁栄を極め、北前船交易によりもたらされた江差追分などの伝統芸能や生活文化が数多く伝承されています。そのため、地域に独特の食文化が発達しました。

【オススメの食べ方】
●薄切りにして、マリネやお吸い物に!天ぷらなどの揚げ物、鍋やおでんの具材に。
●フライパンやトースターで温めるとより一層美味しくいただけます。(2〜3分程度)
●大根やじゃがいもとの煮物も絶品です!!

  • 生産地

    江差町

  • 参考小売価格

    200g…600円/600g…1500円

  • 内容量

    200g/600g

  • 原材料

    檜山産ほっけ、砂糖、片栗粉、卵、食塩、味醂

  • 賞味期限・保存方法

    1ヶ月/冷蔵

  • その他特記事項

  • 主な取扱店

    どさんこプラザ、浜の魚屋

※当サイトで紹介している商品は生産者の都合により変更する場合があります。ご了承ください。

生産者の想い


 若山水産は、漁船・幸栄丸を所有し漁師をしながら、地元で獲れる魚介類を加工販売しております。現在に至るまでには様々な方々の助言とご協力があり、加工や『浜の魚屋』で直売するまでになりました。
 江差は魚種の関係で多品目・少ロット生産になります。そのため、大量販売は考えておりません。
 数十種類ある商品の中で、特に一押しの商品は「ほっけの焼かまぼこ」や「朝イカの一夜干し」ですが、その他にも「桜ますの糠漬」「塩漬けもずく」「いかめし」などがございます。
 また、8月〜9月の期間限定ですが、水揚げされた新鮮な真イカの産地直送も行っております。

生産者情報

  • 会社名

    幸栄丸 若山水産

  • 住所

    桧山郡江差町字海岸町46

  • TEL

    0139-52-0301

  • URL


SSL グローバルサインのサイトシール