こだわりの逸品発掘サイト 美味いっしょ北海道

美味いっしょ北海道とは?

HOME名産品を探す地域から探すレシピ

岩見沢市

雉肉

岩見沢産の雉肉(きじ肉)です。


岩見沢特産の高麗雉は、北海道の豊かな自然環境の下で一羽一羽丹精込めて生産しています。
穀類を主体とした配合飼料の他に青物・くず米・くず麦・くず大豆等も与えています。
きじ肉は脂質が少なく、タンパク質がほとんどを占めていますが、岩見沢産の雉肉は、他の地域の雉より脂質が多く脂がつくのが特徴です。
秋から冬にかけて寒さが厳しい季節には身も締まり一層良質になります。
当事業所では産直の利点を生かし雉肉を主食材にした食堂「きじまるくん」を経営しています。

コクがありますが円やかで、脂には甘みがあります。とり類の肉にありがちな臭味がありません。

適度な歯ごたえがあり切れの良いお肉です。胸肉とモモ肉の食感の違いが楽しめます。熱を加えすぎると堅くなることがあるので「煮すぎず、焼きすぎず」が美味しく召し上がる秘訣です。

当事業所で孵化から成鳥まで一環生産しています。また、食肉加工業者で屠鳥処理後は、事所でツボ抜きを行い、1羽ずつパック詰めして−20℃以下で冷凍保存しています。

岩見沢市は道内でも有数の豪雪地帯です。
山間の静かな環境の下、平飼いで生産しています。

  • 生産地

    岩見沢市

  • 参考小売価格

    1Kg当たり4,200円

  • 内容量

    1羽 600g前後(骨なし肉)

  • 原材料

  • 賞味期限・保存方法

    冷凍保存12ヶ月間

  • その他特記事項

  • 主な取扱店

    ワークつかさ

※当サイトで紹介している商品は生産者の都合により変更する場合があります。ご了承ください。

生産者の想い


岩見沢市には雉ヶ森や雉橋など「雉」と名の付いた場所があります。この名の由来は、昭和の初めに農業の害獣となる(野ネズミ・ヘビ)を駆除することを目的に高麗雉が放鳥されたことにあるようです。
かつて、上志文地区の農家の方々が雉生産組合を立ち上げ、市の特産品として生産していましたが、人手不足やきつね等の害獣による被害が多く、平成8年頃に生産を中止してしまいました。
平成10年より当事業所を運営する社会福祉法人岩見沢清丘園が上志文雉生産組合の取り組みを継承して生産を開始しました。初年度に194羽導入し徐々に生産数を増やして現在は約6,000羽を生産しています。
平成17年に知的障がい者の就労を目指して、知的障がい者通所授産施設ワークつかさを開設しました。
雉の生産はその取り組みの一環です。現在、きじ肉は道内に限らず道外にまでも販売しています。

生産者情報

  • 会社名

    社会福祉法人 岩見沢清丘園

  • 住所

    岩見沢市日の出町604番地2

  • TEL

    0126-22-1442

  • URL


SSL グローバルサインのサイトシール