こだわりの逸品発掘サイト 美味いっしょ北海道

美味いっしょ北海道とは?

HOME名産品を探す地域から探すレシピ

岩内町

にしんのおかげ

かつてニシンの群来により栄えた岩内町。その加工技術は今なお身欠にしん、塩数の子の製造として受け継がれています。


大豆は一切使わずに、さかなから作ったお味噌です。
“魚醤油があるならば、魚味噌があってもいいじゃないか”と考えて作りました。
添加物も一切使わず、魚本来もつイノシンサン系のうまみが最大限に引き立った発酵食品です。
岩内町の海洋深層水を製造過程で使うことにより、豊富なミネラルが発酵におおきく貢献しています。

「味噌の味なんだけど、ニシンの味もちょっとする」
普通の大豆味噌に比べると、癖があるかもしれませんが、いろいろな個性が隠れているので、使い方、食べ方で料理の幅がどんどん膨らんでいく商品です。

米麹の粒が少し残っています。「最初は味噌、後から魚」という不思議な食感です。

ニシンは動脈硬化予防のEPA、脳の活性化をするDHAをたくさん持ってます。

添加物を使っておらず、食品本来のもつうまみが発酵という状態を経て、最大限に生かされています。

大豆を使っていないので、アレルギー対策にも有効です。

原料のニシンは、毎日身欠にしんを作っている米国産と、放流事業で回帰が増えている北海道産をほぼ半々で使用。岩内の地域資源である「海洋深層水」を使うことで、発酵が促進されています。

  • 生産地

    岩内町

  • 参考小売価格

    500円(税抜)

  • 内容量

    100g

  • 原材料

    にしん(米国産、日本産)、米麹、食塩

  • 賞味期限・保存方法

    冷蔵(10℃以下)で製造日より6か月

  • その他特記事項

  • 主な取扱店

    どさんこプラザ、タルシェ、地元お土産店、他

※当サイトで紹介している商品は生産者の都合により変更する場合があります。ご了承ください。

生産者の想い


基礎技術は、道立食品加工研究センターの魚肉発酵ペーストという技術をニシンを使い、応用してできたものです。
開発の発端は、身欠にしんの原料である、廃棄していた折れてしまっている冷凍ニシンがもったいないと感じたことで、魚の姿がなくても商品化できるものはないか?という思いから始まりました。
近年、日本海沿岸で行われているニシンの放流事業ですが、数の子の評価は高いけれど、親の評価は低いのです。身欠にしんにするには脂がのっていなくて、美味しくないというにしんの脂が少ないところを利用して、発酵食品での開発を考えました。
岩内の地域資源である海洋深層水は、天然ミネラルが豊富で酵母を元気にするため、発酵食品と相性が良いと言われています。


生産者情報

  • 会社名

    一八興業水産株式会社

  • 住所

    北海道岩内郡岩内町字大浜68番地の7

  • TEL

    0135-62-1811

  • URL

    http://www.ippachi.co.jp


SSL グローバルサインのサイトシール